青森県弘前市で開業している行政書士事務所です。

青森県行政書士会会員

 

行政書士 神 裕典事務所

 

〒036-8025 青森県弘前市大字南柳町6-1

TEL.0172-55-0401 FAX.0172-55-0401

 

  古物営業法の目的(第1条)

この法律は、盗品等の売買の防止、速やかな発見等を図るため、古物営業に係る業務について必要な規制等を行い、もって窃盗その他の防止を図り、及びその被害の迅速な回復に資することを目的とする。

  古物とは(第2条1項)

一度使用された物品

使用されない物品で使用のために取引されたもの

使用されない物品に幾分の手入れをしたもの

  古物の区分(規則第2条)

  1. 美術品類
  2. 衣類
  3. 時計・宝飾品類
  4. 自動車
  5. 自動二輪車・原付
  6. 自転車類
  7. 写真機類
  8. 事務機器類
  9. 機械工具類
  10. 道具類
  11. 皮革・ゴム製品類
  12. 書籍
  13. 金券類

  古物営業とは(第2条2項)

  1. 古物を売買し、若しくは交換し、又は委託を受けて売買し、若しくは交換する営業であって、古物を売却すること又は自己が売却した物品を当該売却の相手方から買い受けることのみを行うもの以外のもの
  2.  
  3. 古物市場を経営する営業
  4.  
  5. 古物の売買をしようとする者のあっせんを競りの方法により行う営業

  古物商とは(第2条3項)

古物営業の許可を受けた者で、古物を売買、交換又は委託を受けて売買、交換する営業を営む者です。

  古物市場とは(第2条2項)

古物商間の古物の売買又は交換のための市場です。

  名板貸しの禁止(第9条)

古物商又は古物市場主は、自己の名義をもって、他人にその古物営業を営ませてはなりません。

  古物営業許可申請時の必要書類、申請方法、申請手数料

◎許可申請書

  1. 古物商・古物市場主申請書〜様式第1号その1〜(ア)
  2.  
  3. 古物商・古物市場主申請書〜様式第1号その2〜(営業所分)
  4.  
  5. 古物商・URL利用別〜その3〜(インターネットを利用して古物営業をする場合)

◎添付書類(本人のもの)

  1. 略歴書
  2.  
  3. 住民票
  4.  
  5. 身分証明書
  6.  
  7. 登記されていないことの証明書
  8.  
  9. 誓約書

◎管理者添付書類(営業する場所を管理する人がいる場合)

  1. 略歴書
  2.  
  3. 住民票
  4.  
  5. 身分証明書
  6.  
  7. 登記されていないことの証明書
  8.  
  9. 管理者の権限を証する書類(例:登記事項証明書、賃貸借契約書等)
  10.  
  11. 使用承諾書
  12.  
  13. 誓約書

◎申請方法

申請書、添付書類一式全部をコピーし、営業をしようとする場所の最寄りの警察署へ正副2通を提出する。

 

◎申請手数料

許可申請1件につき、19,000円です。

手数料納付書に青森県収入証紙を貼り付けて納付します。(弘前警察署の窓口で買えます。)

別途、証明書発行手数料がかかります。

 

詳しくは、こちら

※上記の記述は、弘前警察署へ個人用のものを提出した例です。

※審査期間は、おおよそ2〜3週間です。

※地域によって異なりますので最寄りの警察署でご確認下さい。

  関係法規

古物営業法

古物営業法の解説等

古物営業法施行規則